老健の魅力は?

私は、老人健康施設で働いていますが、ここで働いてる事により、病院とは違う、
仕事をしている上での楽しさを味わう事ができています。

 

介護施設にも様々な機能がありますが、老人保健施設というのは、ご利用者様が在宅復帰をできるように支援をするところです。
老健には、医師も常勤しているので、生活の支援だけではなく、医療面でも充分なケアをおこなう事ができます。

 

高齢者の方というのは、全体的に体の機能が低下しているので、たった少しの体調不良でも、
寝たきりに繋がってしまう場合があります。
そのような状態では、在宅復帰ができなくなってしまいますよね。
日々、ご利用者様を観察して、早期の離床を目指す事ができるのは、とても嬉しくやりがいがあります。

 

老健には、いろいろな職種の方が働いています。
理学療法士、作業療法士、栄養士、歯科衛生士など、それぞれの職種の方達が、ご利用者様の在宅復帰を目標に、
リハビリを行ったり、指導やケアに努めています。

 

ケアカンファレンスでは、いろいろな職種の方が集まり、ご利用者様について話し合われます。
このカンファレンスでは、看護師以外の目線でのいろいろな意見を聞く事ができるので、とても勉強になりますね。

 

病院の場合は、退院が決まると、在宅に向けて簡単に指導が行われる程度ですから、全く異なりますよね。
老健では、一人一人のご利用者様により深く掘り下げ、施設で快適に過ごしてもらい、そして、
在宅で自立して暮らす事ができるように、常に考えています。

 

ご利用者様にとって、人生の最期を自宅で過ごす事ができるというのは、とても幸せな事ですよね。
ひとりでも多くのご利用者様に、在宅で自立した生活をして貰う事、そして、皆さんの笑顔を見る事ができるこの職場は、
とても魅力があります。